ゴルフ6ヴァリアントの12ヶ月点検、終了。リコール対象部品も交換

メンテナンス

7月半ば。
ゴルフ6ヴァリアントの12ヶ月点検を実施する為、正規ディーラーに行ってきました。

実は、前の持ち主からは「12ヶ月点検は受けなくても大丈夫」と言われていましたが、こまめにメンテナンスを行って長く乗り続けるつもりなので、以前決めた方針に従ってひとまず受けてみることに。

外車乗りの必須項目。私が12ヶ月点検を正規ディーラーで受ける理由
さて、私の愛車ことゴルフ6ヴァリアントの12ヶ月点検の時期が到来。実は、この車に乗り始めたときから12ヶ月点検の実施を決めていました。今回は、そのような判断に至った経緯を書き連ねていきます。

そういうわけで、おなじみのフォルクスワーゲン仙台日の出さんへ。
今回は、リコール対象の部品の交換も併せて行います。

フォルクスワーゲンからリコールのお知らせ。広範囲の車種が対象に
フォルクスワーゲンからリコールの届け出がありました。対象車種は30車種・約10万台。ずいぶんと対象車種が多いな……と思い、フォルクスワーゲンのウェブサイトからリコール情報を確認すると、私の所有するゴルフ6ヴァリアントも対象に含まれている模様。

いつものようにお茶とお菓子を頂きつつ、作業終了を待ちます。

スポンサーリンク

12ヶ月点検、実は初めて

今までに車を何台も乗り継いでいるにも関わらず、私にとっては初めての12ヶ月点検です。

「12ヶ月点検? 受けたことないよ」

という方も多いでしょう。
わたしもそうでした。むしろ、国産車で12ヶ月点検を受けることなんて必要なの? とまで考えていた節があります。
これまでの車(全て国産車)は「とりあえず乗れればいい」という考えのもと、とりあえず車検だけを受けて乗り続けていました。

現在の愛車であるゴルフ6ヴァリアントは、私にとってはじめての輸入車です。
ほぼ理想通りの車で、愛着も湧いています。
ですから、「とりあえず乗れればいい」という考えはなく、大事に乗っていきたい。そう思っています。

それと、2年に1回の車検で多額の費用を飛ばすより、損耗した部品は都度交換していったほうが精神衛生上よろしいうえに、中長期的に見れば総額の費用も抑えられるだろうという考えもありつつ、12ヶ月点検を受けることにしました。

心配ごと

12ヶ月点検を受けるにあたり、心配ごとがふたつ。

ひとつめは、あちこちの部品が消耗していないだろうか、ということ。
4月末に譲渡された時点での走行距離が9万2千キロ、それからも順調に走り続け、10万キロの達成も近い我が愛車。
それだけの距離を走っていれば、ガタのきている部品のひとつやふたつ、あっても不思議ではありません。
問題の箇所がひとつやひたつではなく、7つや8つ見つかる可能性だってあります。

ふたつめは、費用がかさむんじゃないだろうか、ということ。
12ヶ月点検の基本料金は事前に教わっていたものの(21,500円)、点検の結果、故障箇所の修理や部品の交換が数多く発生した場合、その費用がかさむのは想像に難くありません。

そんな心配があったため、事前に銀行のATMで50,000円を下ろしてから当日を迎えました。
さて、果たして50,000円で足りるのか……ある程度の覚悟をしつつ、点検の終了を待ちます。

ちょっと拍子抜け。ほとんど問題なし

さて、12ヶ月点検にて判明した問題は……

  • ライセンスランプ(ナンバープレートを照らす照明)切れ

以上、1件のみ。
その他の問題は見つかりませんでした。

今回の整備内容は以下の通り。

整備内容/部品名称金額
12ヶ月定期点検21,500
セルフダイアグノーシス(故障診断)2,160
タイヤ空気圧点検・調整
ボディーコート施工1,620
ライセンスバルブ右取替1,080
バルブ・5W670
値引-30
合計27,000

正直なところ、ちょっと拍子抜けするほどに異常が見つかりませんでした。
さすがは8年間トラブルなしの個体、これからも元気に走ってくれそうです。

今回の費用は27,000円で、無事予算内に収束。
これまたちょっと拍子抜け。
とは言え、費用がかからないに越したことはないので、ありがたい限りです。

尚、リコール対応部品の交換作業は当然ながら無料。
どうやらヒューズボックスへのダメージはなかったようで、特に問題なく作業は終了したようです。

点検と併せてボディーコートをお願いしたので、ピカピカになった愛車で気分良く帰宅しました。

12ヶ月点検を終えて

そういうわけで、豆電球をひとつ取り替えただけで終了した今回の12ヶ月点検。
結果から言えば、前の持ち主の言った通り、受けなくてもよかったのかもしれません。

ただ、12ヶ月点検を受け、現時点で異常がないことを認識した上で過ごす車検までの1年と、12ヶ月点検を受けずに、いつ異常が発生するか戦々恐々と過ごす車検までの1年とでは、精神衛生上の大きな差があります。

12ヶ月点検は、現時点での安全を担保するものと言ってもいいでしょう。
そのために支払った27,000円は、それほど大きな出費ではないと考えています。

COMMENT