またもやトラブル。ゴルフ6ヴァリアントの左ドアミラーが故障で動かない

トラブル

10万キロ走行を達成し、これからもよろしく……などと思っていた矢先。
トラブルはいつだって突然訪れます。

スポンサーリンク

左ドアミラー、動かず

つい先日、仕事を終えて帰宅しようとゴルフに乗り込んだ時のこと。
セオリー通り、駐車時にはドアミラーをたたんでいて、出庫時に都度ドアミラーをオープンします。
そういうわけで、さぁ帰ろうとドアミラースイッチをひねったところ、左側のドアミラーが閉じたまま開かず。

輸入車は電装系が弱いとよく言われます。
そのなかでも、ドアミラーがたまに動かなくなる例は多く見受けられますから、輸入車乗りたるもの、その程度で焦ってはいけないわけです。
こんな時は慌てず騒がず、何度かドアミラースイッチをひねれば、そのうち動くようになるのがよくあるパターン。

ということで、ドアミラースイッチを3〜4回カチャカチャとひねります。
が、ウィィィィンという音とともに開閉するのは、右側のドアミラーのみ。
左側のドアミラー、うんともすんとも言わず。
最終手段として、手動での力技で無理やりこじ開けることを試みたものの、さすがは高い剛性で名高いドイツ車。左ドアミラー、びくともせず。

うむ、故障だこれは。

この通り、非常にアンバランスな見た目。
夜間の画像でわかりづらいですが、向かって左側のドアミラーが開いているのに対し、向かって右側のドアミラーは閉じたままになっています。
このままだと車線変更や後方確認もままならず、大変危険です。

即座にフォルクスワーゲン仙台日の出さんに電話し、翌日(故障が発生したのが土曜夕方だったのは不幸中の幸い)の修理を依頼し、時間をとってもらいました。

ちなみに、この手の故障は修理費用がかさむようです。
同様の症状が出たフォルクスワーゲン車の状況をネットで検索すると、その修理費用が5万円やら9万円やらと相当に高価。
なんとか払える金額ではあるものの、相当に痛い出費であることに変わりはありません。

できるだけ安く済むように祈りつつ、翌日に備えました。

お決まりのパターン、発動

さて、翌日。
修理のために仙台へ向かいます。

ドアミラーをたたんだまま走るわけにはいきませんから、とりあえずドアミラーを開きます。
スイッチを入れると、右ドアミラーがウィィィィンとオープン。
左ドアミラーもウィィィィンとオープン……ん? オープン?

動いたし!!!!!!!!!!

……そんなことだろうと思いましたよ。
輸入車では極めてありがちなパターン、「一夜明けたらやっぱり動いた」を見事におみまいされました。

その後、何度かオープンとクローズを繰り返すも、きちんと動く左ドアミラー。
昨晩のあれはなんだったのか……

とはいえ、昨晩は何をしても動かなかったのは事実。正常に動くのも今だけかもしれません。
ひとまずディーラーに向かうことをキャンセルにはせず、患部を見てもらうことにしました。

故障の原因と、高額な修理費用

そういうわけでやってきました、おなじみフォルクスワーゲン仙台日の出さん。

愛車は早々にピットイン。
修理費用の高騰に怯えつつ、お茶とお菓子を頂きます。

待つこと40分。チェックを終えたゴルフが戻り、修理担当氏からの説明を聞きました。
曰く、

  • 故障の再現性なし……左ドアミラーだけが動かない症状は現れなかった
  • コンピュータにも今回の故障に関するログは記録されていなかった
  • 原因は接触不良か、ドアミラー開閉用モーターの故障
  • 接触不良が原因ならさほど費用はかからないが、モーターの故障が原因だと修理費用がかさむ

とのこと。
最も費用がかさむ場合の見積もりは以下の通り。

 整備内容/部品名称数量金額
 左 リアビューミラー 脱着2,160
 フロントドアトリムパネル 脱着4,320
 ミラーハウジング153,676
 合計(税込)60,156

修理費用、総額およそ6万円。やはりネットの情報は正しかったようです……

内訳としては、工賃が合わせて6千円程度。
対して、部品代は約5.4万円。
ミラーを動かすもろもろの機構はユニット化されているらしく、この部分の部品代が高額になる模様です。

とりあえず、現状問題は発生しなさそうなので、ひとまず様子を見ることに。
また同じ症状が起きた場合、改めて修理を依頼することにしました。

まとめ

さて、前回の故障(フューエルリッド開閉)から1ヶ月ほどで発生した今回のトラブル、だいぶ焦りました。
ひとまず経緯をまとめておきます。

  • 左ドアミラーだけが閉まった状態のまま動かなくなった
  • スイッチを幾度となく回しても無反応
  • 翌朝、昨晩の状態がうそのように正常に戻る
  • 念のために見てもらったところ、左ドアミラーの不調は再現性なし
  • また、コンピュータにはこのトラブルのログは記録されていなかった
  • 原因は恐らく接触不良かモーターの故障
  • 修理費用は最大で約6万円
  • 現状問題はなさそうなので、様子をみることに

輸入車ではありふれた不調であるドアミラー開閉不良。
今回は「ごきげんななめだったのかなぁ……」ということで、結論を先送りしました。

このような不調に陥った場合、時間が経てば元通りに動くかもしれませんから、焦らずに少し様子を見るといいのでは……というわけで、曖昧な感じで締めたいと思います。

COMMENT